• 印刷する

シアヌークビルに中国領事館開設へ

カンボジア南部シアヌークビル州に、中国領事館や中国人向けの情報センターが開設される見通しだ。同州では中国人による投資が活発化しており、中国人にカンボジアの法律や文化に関する情報を提供する。プノンペン・ポスト(電子版)が15日伝えた。

同州の報道官によると、新たに就任したコー・チャムロン州知事は11日、中国の王文天・駐カンボジア大使と会談し、シアヌークビルに中国領事館の設置を求めた。これに対し王大使は、領事館の早急な開設に向けて努力することで合意したという。

同報道官は「領事館が設置されれば、中国人の投資家や観光客がシアヌークビルで安全上の問題などに直面した時に、問題解決が容易になる」とコメントした。

シアヌークビル州当局によると、同州で運営されるホテルやカジノ、レストラン、マッサージ店などの事業は、中国人による経営が9割を超えている。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

中国大使「カンボジア最優先」、原料供給で(02/28)

アクレダ銀が4月上場、全株の5%を公募(02/28)

肺炎の世界不況リスク低まる、中国が減速で(02/28)

首都に大型病院開設へ、投資額500億円超(02/28)

シエムレアプ宿泊業に税控除、新型肺炎で(02/28)

特恵引き換えのケム・ソカ氏釈放なし=首相(02/28)

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(02/28)

タイ国境の検問所、官民が本格稼働を要請(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン