• 印刷する

テイクオフ:梅雨ただ中のソウル。今…

梅雨ただ中のソウル。今日も朝から空はどんよりし、午後からはスコールのように泣きだした。このところ大気汚染もひどく、気分は晴れない。いや、気分が晴れないのは天気のせいだけか?

日韓関係の見通しも視界不良だ。曇りのち晴れならいいが、今月に入って振り出した雨はしばらく止みそうにない。これまでの両国の歴史を振り返れば、何度となく悪化と揺り戻しを繰り返してきた。だが、日本がこれほど強い姿勢を示したことはかつてなく、文在寅大統領も15日に改めて日本を糾弾。対抗姿勢を鮮明にした。今後も相次ぐ徴用工判決やホワイト国除外のゆくえ、8月15日の解放記念日など、関係悪化へのトリガーが次々待ち受けている。

双方がいま見ている景色は全く異なる。2019年を振り返ったとき、「あの年が日韓関係の転換点だった」と語ることになるのだろうか。(葉)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教室で子どもたちが絵を…(06/02)

コロナ禍で輸出24%減 自動車が大幅減、長期化を懸念(06/02)

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(06/02)

マスク販売の5部制廃止、いつでも購入可能(06/02)

遊興施設にQRコード、10日から正式開始(06/02)

LGイノもオンライン、車用LED売り込み(06/02)

双竜自、ソウル九老のサービスセンター売却(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン