• 印刷する

テイクオフ:マニラ首都圏の渋滞が日…

マニラ首都圏の渋滞が日に日に改善されている気がする。自宅から会社まで、以前はジプニー(フィリピン式乗り合いバス)で1時間弱かかったところ、最近は30分程度で着く。バイクの配車アプリを提供するアンカスが、6月中旬から試験的な営業を開始したからだろうか。7月に入り、アンカスの青いロゴを付けたライダージャケットを着るドライバーと、同ロゴが入ったヘルメットを被った客をよく目撃する。

これは便利と思ったが、自宅のある市ではバイクの二人乗りで男性が後ろに座ることを条例で禁止しており、アンカスを利用できない。ひったくりや殺人など、バイクを使った犯罪が多発したことが原因という。

しかし、自宅から10分歩いて川を渡った市には、そのような条例はない。満員で蒸すジプニーに乗るよりも、10分歩いてでもアンカスを利用したいという思いは消えない。(Y)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン