墜落で遺族支援108億円、ボーイング

【ニューヨーク共同】米航空機大手ボーイングは3日、相次いだ最新鋭旅客機ボーイング737MAX8の墜落事故の遺族や事故で影響を受けた地域の人々の生活、教育を支援するため、計1億ドル(約108億円)を拠出すると発表した。支援は地元政府や非営利組織と協力して実施する。 ミ…

関連国・地域: インドネシア米国
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

首都、交通渋滞緩和で自転車レーンを倍増へ(14:45)

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:沖縄民謡「安里屋ユンタ…(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

「生きた英語」を子どもに エイゴポップ、アプリで会話学習(09/18)

8月の自動車販売速報値、12%減も年内最多(09/18)

KPK改正法案が可決、反対の声届かず(09/18)

TVS、インドネ産バイクをアフリカで発売(09/18)

スラバヤ準高速鉄道、24日にもMOU締結か(09/18)

マラン市、交通渋滞解消にLRT建設を計画(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン