6月28日指数は反落、米中会談控え様子見

6月28日の台湾株式市場で、加権指数は反落。終値は前日比43.07ポイント(0.40%)下落し10,730.83ポイント、売買代金は892億9,100万台湾元(約3,100億円)だった。 大阪で開かれる20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に合わせ、米中両国の首脳が29日に会談する手はずとなっ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

経済成長率予測、マイナス1%維持=DBS(11:47)

テイクオフ:台湾で新型コロナウイル…(06/04)

振興券が1兆元の商機喚起か 業界予測、販促の動き加速へ(06/04)

日月光の封止業務、5G需要で21年まで好調(06/04)

国巨が協調融資、業界最多の485億元獲得(06/04)

永大が防疫エレベーター投入、受注1割増へ(06/04)

晟徳出資の中国企業、米アッヴィと戦略提携(06/04)

コロナのAI診断システム、台湾から輸出(06/04)

岱宇国際、7月まで受注いっぱい(06/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン