米企業がオフィス面積縮小、貿易摩擦あおり

米中貿易摩擦が香港に進出する米国企業の活動に影響を及ぼしているようだ。賃料を抑える目的で、オフィスの借用面積を減らす動きが広がってきた。25日付香港経済日報が伝えた。 高級化粧品ブランドの米エスティローダーは、九龍・尖沙咀の高級(A級、甲級)オフィスビル「港威大…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

越のFDI、香港が首位独走 米中摩擦で「加速」、域内で存在感(07/19)

社会不安が労働者に影響 建設など110万人に、工聯会(07/19)

スタンチャート、経済成長予測を下方修正(07/19)

4~6月の失業率、15期横ばいの2.8%(07/19)

一部統計でマイナスも、政府は業界と協議へ(07/19)

抗議デモ、小売店への影響拡大=売上半減も(07/19)

高級賃貸オフィス、6月成約面積は6割減(07/19)

金鐘の企業が共有オフィス検討、デモ対策で(07/19)

極小住宅で損失か、本土デベロッパー(07/19)

「資金流出起きていない」、金発局会長(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン