• 印刷する

19年の成長率2.5%に鈍化、モルガン予測

米金融大手JPモルガン・チェースはこのほど発表した最新リポートで、2019年の香港の域内総生産(GDP)成長率が前年比2.5%となり、前年の3%から鈍化すると予測した。米中貿易摩擦や中国本土経済の減速が影を落とすとみている。26日付香港経済日報が伝えた。

リポートでは、米中貿易摩擦の短期的な交渉妥結は難しく、香港経済にとって最大の不利な要因となっていると指摘。香港への「直接の影響は限定的」としながらも、就業や消費に間接的に悪影響をもたらす可能性があると警鐘を鳴らした。

一方、香港経済が現時点でまだ底堅いことを強調。ただ、米中貿易摩擦がさらに激化すれば、中国当局が人民元安誘導や資本規制強化に動く可能性があり、香港の資産価格調整につながる可能性があるとした。

香港の下半期(7~12月)の住宅価格に関しては、5~10%上昇すると予測した。


関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

政府、4回目の追加経済対策 40億$、雇用下支えへ積極財政(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

証券先物委、来年度の年間ライセンス料免除(12/06)

香港保険FWD、福利厚生事業から撤退(12/06)

スシロー、香港とシンガポール軸に海外展開(12/06)

伊藤忠、出版大手と中国で知育・育児事業(12/06)

日本産豚の魅力をPR、香港でセミナー開催(12/06)

民陣計画の8日デモ、警察が許可(12/06)

ダイオキシン、催涙弾より「焼き肉が危険」(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン