• 印刷する

台湾企業、移転先候補第1位はベトナム=PwC

会計事務所大手プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の台湾法人、資誠聯合会計師事務所がこのほど発表した台湾企業の米中貿易摩擦の対応策に関する調査によると、東南アジアでの事業拡大を検討する企業のうち、最も問い合わせの多い地域はベトナムであることが分かった。

調査は2018年12月1日から19年1月10日にかけて、中国で事業を行う年間売上高1億5,000万人民元(約23億3,900万円)以上の台湾系企業を対象に行い、50社から回答を得た。

台湾系企業の米中摩擦の対応策では、「関税措置の運用を積極的に模索」「東南アジアでの事業拡大」がそれぞれ42%で最多。「台湾への回帰投資」は39%で、次に多かった。一方で、「米国・メキシコへの投資拡大」はわずか7%だった。

東南アジアでの事業拡大を検討する企業のうち、問い合わせの多い地域は順に、ベトナム、フィリピン、タイ、マレーシア。主に労働集約型の産業の候補地として名前が挙がっており、ハイエンド技術の製造業の多くは台湾回帰を選択していることも分かった。

また、台湾の経営者に2019年の景気見通しを尋ねたところ、47%が「悲観」と回答した。


関連国・地域: 中国台湾ベトナムASEAN
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所のかき氷店はガイド…(11/14)

10年で洋上風力10GW拡大へ 総統が新方針、来年1Qに詳細(11/14)

中華電信、7月に5Gサービス開始(11/14)

光群雷、20年は印やアフリカ展開を強化(11/14)

TSMCの3ナノ工場、20年着工へ(11/14)

半導体商社の大聯大、同業の文曄にTOB(11/14)

三菱ケミカル、台湾3社統合で新会社設立(11/14)

中油、モバイル決済「中油ペイ」開始(11/14)

声宝の台南新工場、20年3Qに量産開始(11/14)

宏全国際、フィリピンに新工場計画(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン