• 印刷する

米レイザー、東南アの電子決済でビザと提携

「まず東南アジアで新興国における電子決済の促進を図りたい」と話すレイザーのミンリアン・タンCEO(左から2人目)とビザの関係者(レイザー提供)

「まず東南アジアで新興国における電子決済の促進を図りたい」と話すレイザーのミンリアン・タンCEO(左から2人目)とビザの関係者(レイザー提供)

ゲーム用周辺機器大手の米レイザー(Razer)は、東南アジアの電子決済でクレジットカード大手の米ビザと提携する。ビザ加盟店で使えるプリペイド電子決済サービスを提供する考え。レイザーのゲーム機器関連の顧客だけでなく、東南アジアの銀行口座を持たない消費者にもリーチするのが狙いだ。

両社が23日に発表した声明によると、レイザー傘下のレイザー・フィンテックが、ビザのフィンテック(ITを活用した金融サービス)分野の協業の枠組み「フィンテック・ファストトラックプログラム」に参加し、モバイル決済アプリ「レイザーペイ」を通じたプリペイド決済を、世界のビザ加盟店で使えるソリューションを開発する。

レイザーは2018年7月にマレーシアでレイザーペイの提供を開始した。同アプリは通信ゲームのオンライン決済やプリペイド携帯電話のチャージ(入金)、小売店や飲食店で利用できる。今年3月時点で、50万人の利用者を獲得していた。

東南アジアで本格展開しているのはマレーシアにとどまるが、今年3月にはシンガポールでも試験提供を始めていた。

レイザー共同創業者で最高経営責任者(CEO)のミンリアン・タン氏はシンガポール出身で、同社は米サンフランシスコとシンガポールの2カ所を本部とするデュアル・ヘッドクオーター体制を取っている。


関連国・地域: マレーシアシンガポール米国
関連業種: 金融IT・通信メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先日東京で開催された卓…(11/14)

30年までの国家AI戦略始動 グローバルハブ狙い、まず5分野(11/14)

リバネスと企業庁、地場社の日本進出支援(11/14)

双日、シンガポールの通信塔会社に出資(11/14)

ICMG、アジアの持続可能な開発で提携(11/14)

NTTコム、地場新興フィンテック社に出資(11/14)

ヨシムラ、業務用厨房機器NKRを買収(11/14)

投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ(11/14)

複合セムコープ、インド新州都での開発中止(11/14)

AP州のスタートアップ拠点、開発中止へ(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン