リードフレーム順徳工業、25億元で台湾生産拡大

リードフレーム大手の順徳工業(SDI)は、25億2,600万台湾元(約87億円)を投じて台湾に新工場を建設する。陳朝雄董事長が21日の株主総会後に発表した。工商時報などが伝えた。 南投県を震源地とする1999年の「921大地震(台湾大地震)」で損壊した南投工場の第3工場を再建…

関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 自動車・二輪車電機鉄鋼・金属IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

台塑石化、VLSFOの試験販売を開始(18:39)

緑能の解散問題、取引6行の損失計15億元か(18:40)

テイクオフ:台湾で暑くなると気にな…(07/17)

サンマ漁獲枠の導入議論、東京で国際会合開幕(07/17)

果物輸出が半年で過去最高に 5割増額、政府支援が追い風(07/17)

HTC、高雄のVRテーマパークを改装(07/17)

マツモトキヨシ、香港に現地法人(07/17)

電動二輪車の購入補助、工業局は来年も維持(07/17)

中鋼構が中国撤退、昆山工場を生産停止(07/17)

アパレル儒鴻、アジア企業のM&Aを計画(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン