景気見通し低迷、総選挙と低金利も効果薄?

総選挙での保守連合(自由党・国民党)の勝利と史上最低水準の政策金利だけでは、オーストラリア国内経済の先行きに対する悲観的見通しを覆すには十分ではないことが、ウエストパック・メルボルン研究所の5月の景気先行指数で示された。20日付オーストラリアン・ファイナンシャル…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融天然資源マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:今年の夏、わが家はパパ…(02/21)

豪1月失業率、5.3%に悪化 年内の利下げは確実か(02/21)

大手各社が勤怠管理導入へ、過少支払い対策(02/21)

RBAが豪GDP2%に下方修正、新型肺炎で(02/21)

豪で中国製建材不足、業界損失は1日20万$(02/21)

IT企アルティウム、新型肺炎で売上打撃か(02/21)

豪車部品業界、新型肺炎拡大の影響最小限に(02/21)

新型肺炎影響なし?豪とNZ株式が最高値(02/21)

クラウンのカジノ事業、ウイルスで打撃(02/21)

ウェスファーマーズ上期増益、バニングス好調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン