• 印刷する

テイクオフ:近所の八百屋がある日、…

近所の八百屋がある日、もぬけの殻になっていた。二間あった店の天井近くまで飾り立てられていた野菜、果物、贈答用のカゴも消え、薄暗い空間が破れた布で雑に目隠しされている。閉店か。立ち退きか。トラブルか。理由は分からないが、少し前にも買い物に来たのだから、一言教えてくれればいいのに。悲しい気持ちになって別の店へ向かう。

その八百屋が先日、何事もなかったように営業を再開していた。店先に明かりがともり、空っぽだった店内は以前同様に青果を器用に積み上げている。うれしいというより、夢でも見ていたのかと思うほど変わりがない。

「先週お店が閉まってたね」と一人に聞くと、「兄弟の結婚式で3~4日閉めた」という。ということは家族経営で、5~6人いる従業員はみな兄弟なのか? よく分からないが、とりあえず再開してくれてうれしい。(円)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドにいくつの言語・…(07/18)

越からのTV輸入37倍に激増 韓大手が輸入シフト、業界が危惧(07/18)

ユニクロ、首都圏で秋に3店舗オープン(07/18)

「単一小売の外資規制を近く緩和」、商工相(07/18)

充電インフラの関心表明募集、6千台分(07/18)

NTT子会社、太陽光発電でタタと合弁(07/18)

電通、データ分析会社ウガムを買収(07/18)

印との砂糖紛争、WTOに解決要請=豪政府(07/18)

風力スズロン、1.7億ドルの債務不履行(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン