共有オフィス拡大、外資と地場2強がけん引

韓国のコワーキングスペース(共有オフィス)市場は地場ファストファイブと米ウィーワークがけん引している。ファストファイブは徹底した現地化戦略を推進する一方、ウィーワークは海外ネットワークという強みを全面に押し出す。市場自体はまだまだ小さく、伸びしろの大きいビジネ…

関連国・地域: 韓国
関連業種: サービス


その他記事

すべての文頭を開く

政策金利1.25%、2度目の据え置き(17:19)

東進セミ、半導体材料増産へ 韓国政府が国産化の成果アピール(01/17)

19年輸出額10.3%減、半導体の不振響く(01/17)

ロッテ会長が「変革」強調、グループ会議で(01/17)

サムスン電子、米国で特許取得2位(01/17)

SKTが時短促進、月1回「週休3日」に(01/17)

LG電子、MIT教授と次世代ロボット研究(01/17)

現代自FCV・ネクソ、1万台の販売目指す(01/17)

韓国ロッテマート、PB・売り場づくり好調(01/17)

現代・起亜自、商用EVの英社に出資(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン