アマタのラヨーン工業団地、中国企業が最多

タイの工業団地開発大手アマタ・コーポレーションは、東部ラヨーン県のアマタシティー・ラヨーン工業団地に入居する中国企業の数が国・地域別で1位になったと明らかにした。米中貿易摩擦の影響でタイへ移転する中国企業が増えているという。19日付プーチャッカーンが報じた。 ア…

関連国・地域: 中国タイ
関連業種: 建設・不動産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクのチャオプラヤ…(11/19)

日タイ企業は周辺国で連携を 調達・販売で補完関係=専門家(11/19)

3QのGDP成長率は2.4% 3四半期ぶり加速、内需が下支え(11/19)

三井物産、2件目の大型ガス火力建設へ(11/19)

Bグリム、カンボジア太陽光発電に参入(11/19)

国鉄、103億円で中部に貨車修理工場建設(11/19)

文大統領、ASEAN各首脳と会談へ(11/19)

タイヤンヨン、VW特別モデルの新型車発表(11/19)

PTTEP、中東2カ国のガス生産拡大(11/19)

グランドユニランド、複合施設2軒を開発へ(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン