日本政府が第三国の仲裁委要請、徴用工問題

【共同】政府は19日、日本企業に賠償を命じた韓国人元徴用工訴訟問題を巡る紛争解決に向け、第三国に委員の人選を委ねる形式での仲裁委員会開催を韓国政府に要請した。日韓請求権協定に基づく措置。日韓双方が直接委員を人選する形式による仲裁委を開くよう求めたのに対し、韓国が…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

SK、半導体材料調達で日本企業と協議(18:41)

現代自副会長が訪中、不振の事業を点検(18:36)

KRXがメリルリンチに制裁金、不正取引で(17:10)

テイクオフ:過去問をひたすら解く毎…(07/17)

サムスンは迂回輸入で調達か トップ帰国、輸出規制に備え(07/17)

現代自、EV事業に200億ルピーの投資計画(07/17)

フッ化水素の国産品テスト、半導体大手2社(07/17)

経産相が韓国主張に不快感、「事実と違う」(07/17)

現代自、1~6月の販売9%増(07/17)

三菱重資産売却「早期に」、回答期限超過で(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン