• 印刷する

カナダ産豚肉へ検査強化、成長促進剤検出で

中国税関総署はこのほど、カナダから輸入される豚肉への税関検査を強化すると発表した。中国での使用が禁止されている成長促進剤ラクトパミンが検出されたためと説明している。

14日付で通達を出した。南京税関が3日に検査したカナダからの豚肉に、飼料添加物として使用されるラクトパミンが残留していたことが理由。今後は問題の豚肉を生産した企業からの輸入と、今回のカナダ側検査担当官だった獣医師による衛生証明書の受理を停止するとともに、カナダから輸入される豚肉全般にラクトパミンの残留検査を強化するとした。

税関総署は3月にも、検疫で有害生物を検出したとして同国の穀物流通大手バイテラからのキャノーラ(菜種)輸入を停止すると発表。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の副会長兼最高財務責任者(CFO)を務める孟晩舟被告をカナダが拘束した問題を巡り、両国関係が悪化したことが背景にあるとの見方も出ていた。


関連国・地域: 中国-全国カナダ
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

京津冀地域の「発展指数」、18年は6P上昇(12:30)

中国とのFTA締結協議、来月3日に開始(11/18)

テイクオフ:「17番のジャージャー…(11/18)

群創が701億元の回帰投資 過去最大、米国向け生産を振替(11/18)

中国非鉄業界の一帯一路、採算面で慎重さも(11/18)

製造・サービス業融合を推進 産業の高度化で発展の質確保(11/18)

華為が5Gスマホを来年日本投入、複数機種(11/18)

行政の「怠慢」許さない、景気対策で首相(11/18)

米中閣僚が電話協議、第一段階の合意目指し(11/18)

華為が新機種発表、通信業者は取り扱わず(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン