【後発国の挑戦】EU制裁、高まるリスク ゆがむ成長(2)米中摩擦は好感

【第2部】カンボジアの産業界が最大の懸念事項に挙げるのが、欧州連合(EU)による関税優遇措置の一時停止の行方だ。輸出全体の約4割をEUに依存するカンボジアにとって、実際に停止されれば経済に大打撃となる。米中貿易摩擦への対応に追われる国が多い中、カンボジアはEU…

関連国・地域: カンボジア日本米国欧州
関連業種: 食品・飲料繊維マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

野党要人、EU・日本の大使と会談(11/14)

越発の自助クラブ、拡大へ 東南ア「発展途上の老い」(下)(11/13)

テイクオフ:海外で亡命生活を送るカ…(11/13)

カンボジア帰国へ支持要請、野党指導者(11/13)

人権を大変懸念、EUが制裁検討結果を通知(11/13)

軟禁解除の野党要人、欧米大使と会談(11/12)

外資の縫製工場の新設続く、日系も(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン