• 印刷する

テイクオフ:タイには政府が管理して…

タイには政府が管理している、低所得者層の学生向けの教育ローン制度がある。教育を平等に受けることを目的として低利融資をしている。ところが近年、教育融資の審査基準が比較的緩いため、適切な融資が行われていないという声を耳にする。

その一つは、低所得ではない学生が低利で融資を受けたものの、卒業後に返済を踏み倒しているケース。一方、もっと深刻だと感じたのは、教育ローンを受けたが、高価格帯のスマートフォンなどを買ってしまう学生が多くいることだ。

教育ローン全体の融資枠は上限があり、中には借りたくても借りられない学生もいるはず。元来タイは先進国と異なり貧困層を支援する社会システムが弱く、政府が福祉カード政策で穴埋めしている。教育ローンに関しても、学生にカネの使い方と平等な教育機会とは何かを改めて認識してもらいたい。(ピ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:タイの消費者ローンの不…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

19年上半期の輸出2.9%減 6期ぶりマイナス、対中輸出低迷(07/23)

APホンダ、LINEとコラボの二輪発売(07/23)

アウディ、スポーツクーペの新型車発売(07/23)

物流IWDインフォ、倉庫投資で合弁事業(07/23)

不動産ラリンの予約販売好調、低層重視奏功(07/23)

PTT、RATCHの発電所に天然ガス供給(07/23)

中部ロッブリのダム、貯水量が5%に低下(07/23)

ガルフ、ベトナム風力事業で売電契約を締結(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン