• 印刷する

テイクオフ:韓国でも定年延長論議が…

韓国でも定年延長論議が始まった。今月初めに、洪楠基(ホン・ナンギ)副首相兼企画財政相が出演したテレビ番組で提案したのがきっかけだ。

韓国の定年は満60歳。だが、会社員の間では既に「沙悟浄(サオジョン)」という言葉が定着している。中国の伝奇小説「西遊記」に登場するあの沙悟浄と、45歳で定年という意味の「45定(サオジョン)」の掛け言葉で、働き盛りの年齢で職場を追われる社員が多いという意味だ。退職金を元手にチキン店などの自営業者に転じるものの、過当競争で廃業を余儀なくされるケースも多い。

一方で、韓国人の実質引退年齢は70代前半。老後の蓄えが不足していることもあり、高齢者はタクシー運転手や警備員などの仕事を続けざるを得ない状況にある。既に高齢社会に突入した韓国。国民による実りある論議を期待したい。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

LGDが有機EL増産、プレミアム製品強化(18:02)

ポスコの2Q営業益15%減、鉄鋼不振で(16:00)

セルトリオン販売子会社、豪の医薬品協会加入(18:02)

ジョリビー越展開、拡大期に 本国フィリピンの「再現」に自信(07/23)

テイクオフ:本格的な冷麺の季節を迎…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

韓国企業、格付け軒並み悪化 輸出規制強化で先行きも不安(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

韓国与党「経済侵略本格化」と批判(07/23)

携帯普及率が105%に、中国・韓国製が人気(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン