国営石油のアフリカガス田開発、政府が承認

インド政府は関係閣僚会合を開き、国営石油大手バーラト・ペトロリアム(BPCL)がアフリカ・モザンビーク北部沖のガス田開発で予定する22億~24億米ドル(約2,400億~2,600億円)の投資を承認した。今後は内閣経済問題委員会(CCEA)の承認を得る必要がある。ファイナンシ…

関連国・地域: インドアフリカ
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教えてもらったイベント…(11/21)

通信大手3社が一斉に値上げ 価格競争のツケ、投資継続困難に(11/21)

英会話レアジョブ、インド同業に出資(11/21)

ダイキン、アフリカ新興企業と提携へ(11/21)

訪日インド人、10月は1%増の1.4万人(11/21)

ANAが羽田―デリー便、来年3月から(11/21)

AD措置を終了、日本とインドの化学品(11/21)

エアインディア、27日にナイロビ直行便就航(11/21)

サムスン、インドでテレビの生産再開へ(11/21)

ハリヤナ州のバイオガス事業、24社が関心(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン