林鄭行政長官、条例改正巡る混乱を謝罪

香港政府の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は18日、記者会見し、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案を巡って社会の混乱を引き起こしたとして、市民に謝罪した。ただ、改正案の撤回は表明しなかった。 官営放送RTHKなどが伝えた。林鄭行政長官…

関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

MTRの運行支障続く、海底トンネル封鎖も(18:38)

テイクオフ:11月に入り、香港の社…(11/20)

失業率、来年4%に上昇か 飲食「1000店閉店」の見方も(11/20)

香港、占拠学生大量排除=千人超(11/20)

林鄭行政長官、区議選延期に含み(11/20)

香港の小中学校など、20日に授業再開(11/20)

香港人の物件購入、向こう6カ月で1万軒も(11/20)

シティ、香港成長率はマイナス1.3%と予測(11/20)

中小企業の事業環境ランク、香港は世界2位(11/20)

ガルーダ航空、香港路線を大幅減便(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン