トタルとシーメンス、発電所計画の縮小提案

フランス石油メジャーのトタルとドイツ総合電機大手シーメンスが、ミャンマー南部タニンダーリ管区カンバウで進める液化天然ガス(LNG)発電所の建設計画を縮小する方針を示していることが分かった。財務面の交渉を巡り、両社とミャンマー政府の折り合いがつかないことなどが背…

関連国・地域: ミャンマー欧州
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

オフショアで新ガス田発見 韓ポスコ、商業生産見込む(02/21)

ダウェー特区開発、中国国営企業が投資意欲(02/21)

韓国KB国民銀、外銀免許取得の準備を推進(02/21)

ヤンゴン、市内47カ所で大気汚染を観測へ(02/21)

AFTA参加に向け貿易戦略を強化、商業省(02/21)

ヤンゴンの土地払い下げ、640件が審査通過(02/21)

次期総選挙、約100政党が争う見通し(02/21)

離島を「スー・チー島」に、地元で要望(02/21)

社会福祉相乗せたヘリ、ラカイン州で攻撃(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン