• 印刷する

テイクオフ:配車アプリ、ゴジェック…

配車アプリ、ゴジェックの出張サービス「ゴーライフ」でフェイシャルエステを選択すると、その日もまた同じエステティシャンがやってきた。もう何回目だろう。前回は夜遅くの施術だったが快諾してくれた。

「レバラン(イスラム教断食明け大祭)の休みには何か予定があるのですか」と聞くと、「仕事です。息子が中学生になるのでお金が必要です」という答えが返ってきた。聞けば彼女には3人の子どもがいるそうだ。長期休暇で皆がジャカルタを離れ帰省する中、彼女のように市内に残って子どものために一生懸命働くママもいる。

頻繁に彼女に当たるのは、いつ、何時客から注文が入っても対応できるように常にスタンバイしているからだろうか。子育てのため帰省もしないで働いている彼女には頭が上がらない。普段はあまり払うことのないチップをはずんだ。(祥)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:数年前から「大人のぬり…(06/20)

首都の渋滞、昨年に大幅改善 世界7位に、政府の7事業貢献か(06/20)

東南アの訪日者、5月は7%増の32万人(06/20)

MRT第2期、日本の5社が建設入札に関心(06/20)

日鉄ソリュ、東南アジア初のベンチャー投資(06/20)

ユーグレナ、ミドリムシ培養で伊藤忠と覚書(06/20)

三菱自の製造子会社、次期社長に松村氏(06/20)

トヨタ、商用車ハイラックスの新型発売(06/20)

コーヒー輸入制限の撤廃、インドネが再要請(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン