• 印刷する

国内最大の下水処理施設、デリーで整備へ

インドの首都ニューデリーの水道局は29日、南東部オクラでの下水処理施設の新設を承認した。処理能力は日量1億2,400万ガロン(約4億7,000万リットル)で、国内だけでなく、世界でも最大級だという。PTI通信が伝えた。

整備には3年間で116億1,000万ルピー(約182億円)を投じる。ヤムナ川の浄化を目指す「ヤムナ行動計画第3期」の一部で、工事はフランスのスエズグループ傘下のデグレモンが担う。チャンドニ・チョークやカシミール・ゲート、ダリヤガンジといった各地域に住む約400万人が恩恵を受ける見通しだ。

ニューデリー水道局はまた、中心部チャンドラワルでの浄水施設の新設を承認した。処理能力は日量1億600万ガロンで、3年間で59億8,000万ルピーを投じる。デリーでの浄水施設の新設は2006年以来13年ぶりという。


関連国・地域: インド
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

印の離脱表明もまずは前進を RCEP、みずほ総研主席に聞く(11/12)

テイクオフ:インドではヒンズー教徒…(11/11)

富士電機がインド事業拡大 5年で売上倍増、製造ハブに(11/11)

地場と中国勢、西部プネに電気バス工場を設置(11/11)

和碩が投資拡大へ、越・印に工場計画(11/11)

マヒンドラ、7~9月は8割減益(11/11)

ヒーローが海外販売を強化、1割に拡大(11/11)

ヤマハ発が初のBS6適合車、今月発売(11/11)

みずほ銀、日印スタートアップ連携支援を強化(11/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン