• 印刷する

中国共産党代表団、フン・セン首相と会談

カンボジアのフン・セン首相は24日、中国共産党中央委員会対外連絡部の王亜軍副部長が率いる代表団と首都プノンペンで会談した。国内外のメディアが伝えた。

今回の訪問はカンボジアと中国が先月北京で開かれた「一帯一路国際協力フォーラム」に合わせ、生産力、税制、コメ輸出などの面で複数の協定に署名したことを受けたもの。王副部長は「両国の関係は非常に強固だ。一帯一路フォーラムの期間に署名された文書は両国関係をさらに強化することにつながる」と指摘した。

フン・セン首相は、カンボジアへの持続的な投資拡大と中国市場の追加的開放に期待感を表明した。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】全国民が「非知識層」に 砂上の教育(中)次世代にバトン(06/27)

クリスエナジー、原油生産へ3D調査を開始(06/27)

首都の物流拠点開発、事業化調査が始動(06/27)

建設中の全ビルを検査へ、倒壊受け首相指示(06/27)

国鉄、7月からカンボジア国境まで運行(06/27)

アジア開銀、労働者の技術向上へ6千万ドル(06/27)

観光省、シエムレアプのホテル60軒を格付け(06/27)

中国政府、地雷除去の機材を支援(06/27)

ニュースPICK UP(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン