• 印刷する

中国、農水省にコメ輸出業者の調査要請

中国政府はカンボジアの農林水産省に対し、中国へのコメ輸出を希望する精米業者の調査を進めるよう要請した。今年のカンボジア産米輸入枠を昨年の30万トンから40万トンに拡大したことに伴う措置。クメール・タイムズ(電子版)が23日に伝えた。

農水省とカンボジア・コメ連盟(CRF)は中国側の要請を受け、早急に各業者の実情を調査する考え。同省農業局のニン・チャイ局長は、輸出業者として候補に挙げられた40社の調査に乗り出すとし、「中国側の希望に応じて、一定の品質と供給量を確保できるかどうかなどを確認するとともに、産地の地域的なバランスも考慮したい」との意向を示した。

既に26社(うち9社は未出荷)が中国への輸出を認められているが、CRFのフン・ラク副会長は、中国向け出荷量の増大に対応するためには最低でも40社の輸出を認める必要があると指摘。ただ現時点では「貯蔵施設の不備など、候補に挙げられた企業の多くが中国側の要求水準を満たしていない可能性もある」との懸念を示している。

第1四半期(1~3月)の中国向けコメ輸出量は、前年同期比59%増の7万5,214トンだった。


関連国・地域: 中国カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】首相動く、苦渋の改革断行 ゆがむ成長(3)企業寄りに転換(06/21)

日本精密、カンボジア法人2社を合併(06/21)

上海企業、米中摩擦で自転車生産を移管(06/21)

華為技術、香港との海底ケーブル敷設を計画(06/21)

科学技術分野の人材育成、中国に支援要請(06/21)

【カンボジア経済通信】ファーウェイの支援受け5G導入へ 第346回(06/21)

HAGLのゴム子会社、Thacoに売却へ(06/21)

実習生で虚偽申請疑い、団体役員ら書類送検(06/21)

【後発国の挑戦】EU制裁、高まるリスク ゆがむ成長(2)米中摩擦は好感(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン