• 印刷する

テイクオフ:音楽ファンの聖地と呼ば…

音楽ファンの聖地と呼ばれるソウル・楽園商街(鍾路区)。建物の2階と3階に300を超える音楽関連の店舗が入居し、アマチュアからプロまで多くの人が訪れる。

建物は1968年に竣工。当初は一般商業スペースと住宅の複合施設として造られたが、趣味で楽器を演奏する人が増える中、80年代頃から楽器店が少しずつ集まり始めたという。一時は建物の解体話が持ち上がるなど危機的な状況を迎えたが、店主たちがSNSで楽園商街の魅力を発信したり、各種イベントを開催したりして、かつてのにぎわいを取り戻しつつある。

今週25日に開催されるフリーマーケットもそのような店主たちの取り組みのうちの1つ。小物や工芸品の販売だけでなく、建物の屋上ではコンサートも開催されるという。家族連れで足を運んで、日ごろの疲れを癒してはいかがだろうか。(碩)


関連国・地域: 韓国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本の対韓貿易管理の厳…(01/28)

【日本の税務】海外赴任中の出産について(01/28)

新型肺炎「警戒」レベルに 感染者4人に、検疫対策強化へ(01/28)

敵対的な労使関係、人材競争力の重しに(01/28)

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/28)

新型肺炎、韓国で3人目の感染確認(01/28)

グラブ、首都空港でEV配車サービス開始(01/28)

大手と中小の賃金格差、270万ウォンに拡大(01/28)

サムスン、QD有機ELの専門部署を新設(01/28)

起亜自動車、19年の営業益73.6%増(01/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン