中国鄭州市にツバメの巣の販売店舗開設

インドネシアのツバメの巣加工品会社は15日、中国企業と共同で河南省鄭州市に販売店を2店舗開業した。インドネシアはツバメの巣の生産では世界一、中国は最大の消費国だ。中国では消費量が2014年から増加しており、今年は1,000トンに達する見通し。国営アンタラ通信が同日伝えた。…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 食品・飲料農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:配車アプリを使ってタク…(12/10)

国鉄とMRT、近く合弁設立 首都交通網の統合で接続性を向上(12/10)

第2チカンペック高速道、暫定供用は20日(12/10)

首都警察、二輪車用の監視カメラを来年導入(12/10)

5年でニッケル製品の世界最大の生産国に(12/10)

サリム、イスラム金融センターを共同着工(12/10)

20年のホテル建設、総額9.8兆ルピアの予測(12/10)

南ジャカルタに下水処理施設、21年に完工へ(12/10)

ブカラパック、共同創業者がCEOを交代(12/10)

ECセール、2日間の取引額目標8兆ルピア(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン