オプタス、通期16%減益も4Qは好調

オーストラリアの通信オプタスの2018/19年度(18年4月~19年3月)の利益は6億5,900万豪ドル(約499億円)と、前年度比16%減となった。営業収益は91億豪ドル(前年度比5.7%増)と好調だったが、全国ブロードバンド網(NBN)が光・同軸ハイブリッド通信網(HFC)の導入を…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「この曲を知っているか…(05/23)

アルバニージ氏が新党首濃厚 労働党、ボーエン議員が出馬辞退(05/23)

与党続投、豪財界は「エネ政策の安定を」(05/23)

中国投資50億$減、対中関係再構築が急務に(05/23)

豪株式、前日の高値から続伸(05/23)

資源BHP、WA州ニッケル資産を維持へ(05/23)

BHP、加カリウム鉱山の生産拡張は無謀?(05/23)

運輸トール、ネット購入者の要求増大で苦戦(05/23)

豪ウエストパック、住宅ローン事業から撤退(05/23)

華為、豪・NZへのグーグル問題の影響否定(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン