• 印刷する

大湾区の産業構造、15年内に転換=DBS

シンガポール系のDBS銀行(香港)中国・香港調査部門の責任者、呉淑燕(キャロル・ウー)氏は16日、「粤港澳大湾区」(広東省、香港、マカオの経済協力を強化する構想)のエリア内で主力となる産業の構造が、15年以内に従来の製造業からサービス業へと移るとの見方を示した。16日付香港経済日報が伝えた。

中期的には新エネルギー車(NEV)やスマート家具、オンライン広告、健康管理、保険などの業種が大湾区エリアで伸びるとの見方。長期的に見ても、NEVやスマート家具、オンライン広告、保険に加え、個人間で金銭をやり取りするP2P(ピアツーピア)サービスは見通しが明るいと指摘した。

大湾区での不動産市場については、オフィスの長期的な需要に期待ができると見通した。「人材を呼び込みたい各地政府は、誘致に不利となる住宅高騰を回避する」とみられ、住宅は急激な値上がりが起こらないと分析した。

大湾区エリアの2017~30年を対象とした経済の年平均成長率(CAGR)は5.3%と予測。30年には大湾区の人口が現在の7,000万人規模から1億人に膨らむとみている。


関連国・地域: 中国香港マカオ
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品金融建設・不動産メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「7~9月は団体旅行客…(10/21)

大手悲観傾向、10年ぶり強さ 4Q景況感調査、小売業で顕著(10/21)

7~9月の飲食失業率6%、6年ぶり高水準(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

九龍で数万人デモ、一部過激化=駅放火も(10/21)

環境見本市が今月末開幕、300社出展へ(10/21)

キャセイの9月旅客、2カ月連続の減少(10/21)

MTR、運行短縮は今月後半も続く見通し(10/21)

中原CCL4指数、過去最長の8週連続下落(10/21)

六福の7~9月期、香港マカオは4割減収(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン