消費者からの苦情が倍増、8割は通信関連

ミャンマー消費者局によると、同局に消費者から寄せられる苦情件数が昨年の2倍以上のペースで増加している。8割は通信サービスに関する苦情という。ミャンマー・タイムズ(電子版)が15日伝えた。 同局のミン・チョー局長は「最も多いのは『利用していないサービスの料金を請求…

関連国・地域: ミャンマー
関連業種: IT・通信小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

双日など日本連合、通信網受注 70億円、華為・KT連合に競り勝つ(14:22)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

水インフラなど新領域拡大も ヨマ傘下FMI、アヤラと提携で(11/20)

昭和産業と岡谷鋼機、鉄筋加工工場が増強(11/20)

太陽光発電で電気料の負担減が可能=IFC(11/20)

米国、カチン州で包括的な農業支援実施へ(11/20)

少数武装勢力、ラショー空港の攻撃否定(11/20)

ラカインのネット遮断、150日が経過(11/20)

タイ3社、ミャンマーの太陽光発電所を稼働(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン