• 印刷する

越バンブー航空、桃園―ハロン湾線就航

ベトナムの不動産開発大手FLCグループが出資する航空会社バンブー航空は、世界遺産ハロン湾に近いクアンニン省バンドン経済区のバンドン国際空港と台湾桃園国際空港を結ぶ便を6月29日に就航する。バンドン国際空港にとっては初の国際線となる。経済日報などが伝えた。

5日に1便のペースで運航し、飛行時間は2時間30分を予定している。

ハロン湾は大小3,000の奇岩が浮かぶ観光名所で、湾内を巡るクルーズやカヌーなどが人気。ベトナムの首都ハノイからは車で2時間半ほどかかるが、2018年12月に開業したバンドン国際空港からは40分ほどで訪れることができるという。

ベトナム政府観光局の統計によると、18年にベトナムを訪れた台湾人旅行客は前年比15.9%増の71万4,000人に達した。クアンニン省はバンブー航空による台湾直行便の利用を後押しするため、空港税の減免などの優遇措置を設ける。

バンブー航空はベトナム5社目の航空会社で、18年に設立され、19年1月から正式に運航を開始した。6月18日には中部ダナンー桃園線の就航も予定している。


関連国・地域: 台湾ベトナム
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系FII、中国で5Gモジュール開発(14:59)

テイクオフ:日本のお盆休みは、台湾…(08/19)

シャープ、台湾市場に全力 アクオスR3を海外初投入(08/19)

致伸科技がタイに子会社、リスク低減へ(08/19)

WAガス田権益入札11月、日本企交え本格化(08/19)

藍天電脳、19年のノートPC出荷130万台か(08/19)

車載LED売上高、億光が世界8位=集邦(08/19)

エイサーのスマート数珠、有名廟とコラボ(08/19)

樺正実業、9行と12億元協調融資契約(08/19)

誠品、海外展開は外部委託を採用へ(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン