• 印刷する

越バンブー航空、桃園―ハロン湾線就航

ベトナムの不動産開発大手FLCグループが出資する航空会社バンブー航空は、世界遺産ハロン湾に近いクアンニン省バンドン経済区のバンドン国際空港と台湾桃園国際空港を結ぶ便を6月29日に就航する。バンドン国際空港にとっては初の国際線となる。経済日報などが伝えた。

5日に1便のペースで運航し、飛行時間は2時間30分を予定している。

ハロン湾は大小3,000の奇岩が浮かぶ観光名所で、湾内を巡るクルーズやカヌーなどが人気。ベトナムの首都ハノイからは車で2時間半ほどかかるが、2018年12月に開業したバンドン国際空港からは40分ほどで訪れることができるという。

ベトナム政府観光局の統計によると、18年にベトナムを訪れた台湾人旅行客は前年比15.9%増の71万4,000人に達した。クアンニン省はバンブー航空による台湾直行便の利用を後押しするため、空港税の減免などの優遇措置を設ける。

バンブー航空はベトナム5社目の航空会社で、18年に設立され、19年1月から正式に運航を開始した。6月18日には中部ダナンー桃園線の就航も予定している。


関連国・地域: 台湾ベトナム
関連業種: 運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:のんびりのどかな鉄道旅…(05/21)

蔡政権3周年、支持率は回復 党内予備選は苦戦で再選には暗雲(05/21)

佳世達、POSシステムの全生産を台湾移管(05/21)

見守りカメラの雲云科技、1.3億元を調達(05/21)

台鉄が高雄で再開発計画、19年最大規模に(05/21)

遠東航空、福島・天津便など一部欠航取り消し(05/21)

民航局、遠東航空に運営改善を要求(05/21)

映画大手4社、台湾最大級の投資会社設立へ(05/21)

台船環海、CPIから風車62基の取付受注(05/21)

1Qの金融収支、流出額147億米ドル(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン