《日系進出》住商系、ポイペト新工場稼働 電子機器受託で域内分業を加速

住友商事系で電子機器受託製造サービス(EMS)を手掛けるスミトロニクスは20日、カンボジアのタイ国境の街ポイペトで新工場を一部稼働させる。投資額は約12億円。同地で開発が進む日系の新たな経済特区(SEZ)に入居し、隣接するSEZの既存貸工場から、面積が約5倍となる…

関連国・地域: カンボジア日本
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

証取所の出来高950万株、過去最高を更新(17:24)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

中銀、経済安定へリエル供給を継続(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

携帯加入1970万件に増加、通信当局(05/22)

台湾の旅行会社未払い、地元業者が支援要請(05/22)

農水省、輸出拡大へ検疫規制の理解促す(05/22)

福建省の軽工業団体がカンボジア訪問(05/22)

新興IT300社に急増 5年で6倍、資金調達など課題(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン