祭事シーズンの価格統制、27品目を発表

マレーシアのサイフディン・アユブ国内取引・消費者相は15日、イスラム教のラマダン(断食月)とその後のハリラヤ・プアサ(断食明け大祭)に向けて需要が集中し、高騰が見込まれる基礎食品27品目について、価格統制を敷くと発表した。対象期間は5月21日~6月19日の約1カ月間。…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

イオン、東南ア初の業態導入 地域ごとの店舗設計で需要に対応(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

TRXで21年下期に「西武」開業、そごうKL(11/22)

RM1=26.0円、$1=4.17RM(21日)(11/22)

自動車UMW、発表済みの2Q利益を修正(11/22)

病院IHH、シンガポール新興企業に出資(11/22)

住宅省、未活用の寄進地を有効活用へ(11/22)

金融区TRX初の住宅物件、25日に発売(11/22)

パーム油輸入、業界が関税引き上げ要求(11/22)

オンライン診療、政府が来年全国展開(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン