• 印刷する

テイクオフ:中国では共働きする親が…

中国では共働きする親が多いため、祖父母が幼い孫を育てることは珍しくない。ただ、オーストラリアで密かにこれが問題となっているようだ。

オーストラリアで出産後、中国の実家に子どもを数年間預け、入学前にオーストラリアに子どもを連れ戻すケースが多くあるそうだが、「サテライト・ベビー」と呼ばれるこうした子どもたちは、長年にわたり親と遠く離れていたために親との絆が薄く、突然の環境の変化もあって、言動に問題が出るケースが増えているという。

このため、シドニーの公立病院の産科で働く中国人の知人は、出産後に子どもを中国の実家に預けないよう呼び掛けるプロジェクトに取り組んでいる。他国で自国の習慣を維持する難しさは、移民大国が抱える課題として、意外なところに表れるものだ。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア株式市場…(03/30)

賃料減免と引き換えに税控除 豪政府計画、中小企負担を軽減(03/30)

小売業界が続々閉鎖、賃料支払い拒否も(03/30)

「外で会うのは1人まで」、首相が規制強化(03/30)

豪政府、メンタルヘルス対策に11億$拠出(03/30)

SA州、コロナで景気刺激策に6.5億ドル追加(03/30)

保険TAL、コロナを生命保険給付の対象に(03/30)

豪でデフレスパイラルも、インフレ率低下で(03/30)

買いだめ、輸送パレットと物流企には恩恵(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン