• 印刷する

テイクオフ:中国では共働きする親が…

中国では共働きする親が多いため、祖父母が幼い孫を育てることは珍しくない。ただ、オーストラリアで密かにこれが問題となっているようだ。

オーストラリアで出産後、中国の実家に子どもを数年間預け、入学前にオーストラリアに子どもを連れ戻すケースが多くあるそうだが、「サテライト・ベビー」と呼ばれるこうした子どもたちは、長年にわたり親と遠く離れていたために親との絆が薄く、突然の環境の変化もあって、言動に問題が出るケースが増えているという。

このため、シドニーの公立病院の産科で働く中国人の知人は、出産後に子どもを中国の実家に預けないよう呼び掛けるプロジェクトに取り組んでいる。他国で自国の習慣を維持する難しさは、移民大国が抱える課題として、意外なところに表れるものだ。(桜月)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シドニーに限らず、夜に…(06/25)

豪首相、労使関連規制にメス 労働者権利を保護、投資も促進へ(06/25)

豪の企業買収、給与システムの精査が必要に(06/25)

今後の利下げ、賛否ほぼ同数=AFR調査(06/25)

豪中小企業、大企業の支払遅延で70億$損失(06/25)

豪北部に再生エネ発電で輸出効果20億$も(06/25)

WA州政府、密かに炭素税導入を検討か(06/25)

豪企のCRMシステム投資、過去最高を記録(06/25)

マリンドエア、8月からKL―シドニー就航(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン