華為「安全性重視」、米国の使用禁止報道に

【北京共同】中国の通信機器大手、華為技術(深セン市、ファーウェイ)の汪濤常務は15日、米政府が安全保障上の脅威がある通信機器の米企業の使用を禁じることを検討しているとの報道に関連し「わが社は世界で最も通信ネットワークの安全性を重視している企業の一つだ」と述べ、自…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:テレビドラマに飽きてミ…(12/11)

11月のEV登録が過去最高 単月で前年実績超え、MGけん引(12/11)

11月の物価上昇率4%突破 豚肉高騰、市場予測を上回る(12/11)

11月の新車販売3.6%減、17カ月連続で縮小(12/11)

米長官、制裁見送りに言及(12/11)

韓国製EV電池、中国で補助金対象に(12/11)

社会科学院、米中合意の早期成立を訴え(12/11)

半導体の環宇、晶電の中国孫会社に出資(12/11)

民営企業の困難、「リーマン時より軽微」(12/11)

中国が外国PCを置き換えか、仁宝に恩恵も(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン