米中摩擦がマ株に下押し圧力 約4年ぶり1600割れ、輸出も暗雲

先週の米中貿易交渉で双方の強硬姿勢が鮮明になったことを受け、マレーシアの株式市場は短期的に不安定な相場が続くと予想されている。マレーシア証券取引市場(ブルサ・マレーシア)の主要株価指数FBM・KLCIの終値は14日、2015年7月以来3年10カ月ぶりに1,600の大台を割り…

関連国・地域: 中国タイマレーシアシンガポールインドネシア米国
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア経済成長率見通し、ADBが下方修正(19:15)

キャメロン高原開発公社を設立、パハン州(19:34)

セブンイレブン、店舗からEC発送サービス(19:34)

グラブフードが料金改定、長距離に追加料金(19:09)

テイクオフ:マレー語とインドネシア…(12/11)

3大仮想通貨がそろい踏み 英系ルノ、年内にもリップル取引(12/11)

ニッコンHD、ヌ州に倉庫設置(12/11)

日系企業向け講演会を開催、日本公庫(12/11)

RM1=26.1円、$1=4.16RM(10日)(12/11)

豪ライナス、粉砕浸出施設を本国に移設(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン