• 印刷する

LG化学、ボルボの次世代EVに電池供給

韓国の電気自動車(EV)バッテリー大手LG化学は15日、スウェーデンのボルボとEVバッテリーの長期供給契約を結んだと発表した。

契約額など詳細は非公開。ボルボのEVブランド「ポールスター」向けにバッテリーを供給する。LG化学は「世界の自動車メーカーに長期的にバッテリーを供給してきた実績とサプライチェーンの管理能力、価格競争力などが評価されて、契約に至った」と説明した。

ボルボは今年から全モデルを電動化し、25年までに販売台数の半分をEVにする計画を発表している。

LG化学はバッテリーメーカーとしては唯一、世界のEV市場の9割を占める米国と中国、欧州の全てにバッテリーの生産工場を持つ。ボルボだけでなく、今後も新しい供給先の開拓に力を入れていく考えだ。


関連国・地域: 韓国欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国で5月15日は「先…(05/22)

情報収集はユーチューブで 50代で視聴者増、サブスクも活気(05/22)

現代自「ベニュー」世界初投入 小型SUVの需要取り込み(05/22)

生産者物価指数、4月は0.6%上昇(05/22)

ビナコネックス、韓国の現代建設と提携(05/22)

社会的価値を測定し数値化、SKが実践へ(05/22)

韓国建設機械協会、越に研究施設を造成へ(05/22)

韓国トヨタ、新型SUV「RAV4」発売(05/22)

ピックアップ市場拡大か、下期に2種発売(05/22)

現代自の中国事業、売上高が10年ぶり低水準(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン