• 印刷する

LG化学、ボルボの次世代EVに電池供給

韓国の電気自動車(EV)バッテリー大手LG化学は15日、スウェーデンのボルボとEVバッテリーの長期供給契約を結んだと発表した。

契約額など詳細は非公開。ボルボのEVブランド「ポールスター」向けにバッテリーを供給する。LG化学は「世界の自動車メーカーに長期的にバッテリーを供給してきた実績とサプライチェーンの管理能力、価格競争力などが評価されて、契約に至った」と説明した。

ボルボは今年から全モデルを電動化し、25年までに販売台数の半分をEVにする計画を発表している。

LG化学はバッテリーメーカーとしては唯一、世界のEV市場の9割を占める米国と中国、欧州の全てにバッテリーの生産工場を持つ。ボルボだけでなく、今後も新しい供給先の開拓に力を入れていく考えだ。


関連国・地域: 韓国欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

SKインフォが中国現法、系列向けに供給(10/18)

イースター航空に売却説、日本路線など不振(10/18)

インドネシアとCEPA合意 来年発効、鉄鋼・自動車に恩恵(10/18)

ロッテ会長が執行猶予付き有罪、安定経営へ(10/18)

韓国カカオ、越でグラブ利用サービスを開始(10/18)

日本製品不買、政府など公共機関でも拡大(10/18)

サムスンのブランド価値、世界6位(10/18)

9月の自動車産業、生産と輸出が低迷(10/18)

現代自の電動車販売、トヨタに次ぐ2位(10/18)

群山にEV拠点、政府の共生型雇用地域に(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン