• 印刷する

自動車市場、上期中は縮小続く=協会予想

中国自動車工業協会はこのほど、国内自動車市場の縮小傾向は上半期(1~6月)いっぱい続くとの見通しを示した。7月からの回復に期待している。15日付証券日報が伝えた。

同協会の秘書長補佐を務める許海東氏が同紙に対して表明した。同協会が13日発表した統計によると、4月の新車販売台数は前年同月比14.6%減の198万500台。10カ月連続の前年割れとなり、減少幅は前月から9.4ポイント拡大した。同協会は市場低迷の主な原因として◇消費マインドの不足◇排ガス基準変更の影響◇国の消費刺激策を期待した模様眺め――を指摘している。

4月の乗用車販売台数をブランドの国別で見ると、日系車種が伸びた以外はドイツ系、米国系、韓国系、フランス系とも前年同期を下回った。特に中国の自主ブランドは27.9%減の58万4,700台と大きく落ち込んでおり、許氏は「自主ブランドの多くは新しい排ガス基準『国6』に対応できていない」と指摘。国6基準への切り替えが一段落する7月以降は、比較対象となる前年後半の数値が低いことも手伝って、新車販売台数の伸びが回復するとみている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦を企業誘致の機会に、FEFが要請(15:14)

敏華、米国向け製品生産をベトナムに移管(17:18)

高速道路の料金所削減、国務院が具体策(17:06)

ナガ3号館の計画書まだ 財務経済省、着工時期は未定(05/22)

米企業に出荷停止広がる、華為禁輸措置で(05/22)

テイクオフ:枇杷(ビワ)が旬を迎え…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

成長率上限、2.5%に下方修正 米中貿易戦争の下振れリスク懸念(05/22)

米排除に強気姿勢、華為CEO(05/22)

華為CEO、「備えは十分」 米の締め付けに強気(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン