バリ州が観光客に負担金検討、観光省は評価

インドネシア観光省は、バリ州政府が環境や文化保全を目的に観光客から負担金の徴収を検討していることについて、先駆的な事例になると評価した。負担金の金額は、導入当初の周知期間は少額に設定し、一定期間内に段階的に引き上げることを提案した。15日付リパブリカが伝えた。 …

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「多汗症か」と思うほど…(05/27)

【ASEAN戦略を聞く】外資でアジアトップ5へ SOMPO、東南ア軸に(05/27)

西ジャワ水力発電を商業運転 関西電力、海外初の自主開発(05/27)

選挙結果に異議申し立て、プラボウォ陣営(05/27)

暴動による経済損失、最低でも7.6億円(05/27)

ソーシャルメディアの利用制限を解除(05/27)

首都暴動で逮捕の183人、雇われた可能性(05/27)

被災地復興と下水道整備に計360億円の支援(05/27)

NTN、アストラ系部品会社と合弁設立へ(05/27)

独アウディとVWの新型SUV、7月に発売(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン