• 印刷する

ボーダフォン、不採算の豪事業撤退方針か

英携帯電話サービス大手ボーダフォンが、オーストラリア市場から撤退する可能性が浮上している。同社は15日、収益性の良いニュージーランド(NZ)部門の売却を発表。一方、地場携帯通信3位のボーダフォン・ハチソン・オーストラリア(VHA)は不採算で、固定通信3位のTPGテレコムとの合併が当局に阻止されたことから、これ以上の投資メリットがないとされている。オセアニアから撤退することで、欧州事業に再注力するとみられる。15日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

VHAは、ボーダフォンと香港のCKハチソン・ホールディングス傘下のハチソン・テレコミュニケーションの折半出資の合弁会社。2018年通年の決算では、1億2,440万豪ドル(約94億5,300万円)の損失を計上していた。一方ボーダフォンNZは、2018年3月までの1年間の純益が、3,990万豪ドルだった。

調査会社ニュー・ストリート・リサーチによると、ボーダフォンは現在、向こう10年の注力地域を再考しているとみられている。第5世代(5G)移動通信システムへの移行計画により、大きな資本が必要とされていることから、地理的にも遠いオセアニア市場についてはこれまでも事業継続への疑問が生じていた。

ただ、ボーダフォンがVHAを放出するためにはCKハチソンの合意が必要なため、単独では何も決断できない状況だという。

ボーダフォンのリード最高経営責任者(CEO)は「われわれの戦略で重要なのは、ポートフォリオを能動的に運営し、借金により自己資本利益率を高めるための投機を停止すること」だと話している。


関連国・地域: 香港オーストラリアニュージーランド欧州
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

日本は積極的なインフラ提案を 豪日経済委副会長インタビュー(16:19)

豪政府、環境承認や労使制度を簡素化へ(16:19)

電気自動車に課税、VICとNSWが導入か(16:19)

テイクオフ:最近、お尻が痛くなり始…(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

日本2社、シドニー羽田便拡大 JAL初参入、ANAは1日2便(11/21)

豪カンタス航空、営業利益率18%を目標に(11/21)

豪企の未払い給与額、年間13.5億$と膨大に(11/21)

インフラ開発の前倒し、40億ドル規模で実施(11/21)

NSW州経済、30年までに1兆$規模に(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン