与野党の住宅支援と賃金政策、早くも疑問

オーストラリアの与党保守連合(自由党・国民党)と最大野党労働党が、18日の総選挙に向けそれぞれ直近で発表した政策に対し、早くも疑問の声が出ている。保守連合の住宅購入者支援策は、住宅ローン金利の上昇や不動産業界のわい曲を招くとされ、影響の及ぶ保険部門などへの相談が…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:地平線が広がるアデレー…(05/27)

シドニーメトロ北西線が開通 初の民営路線、無人運行(05/27)

〔政治スポットライト〕所得税減税は一部不支持=アルバニージ議員(05/27)

モリソン勝利の理由は経済政策=選挙後調査(05/27)

豪連邦政府、年金など退職所得制度の見直し(05/27)

米禁輸による華為の不買、豪NZにも波及か(05/27)

アダニ承認可否、QLDが6月13日まで結論(05/27)

豪ガス価格は危機的な水準=米ダウ前会長(05/27)

豪新車安全テスト、日本車3車種が最高評価(05/27)

風力インフィジェン、ガス火力発電所を取得(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン