MRT、通常運賃適用で乗客数が減少

首都ジャカルタの大量高速交通システム(MRT)の運営会社MRTジャカルタのムハンマド秘書役は14日、MRTの運賃を13日から通常運賃としたことで、同日の乗車人数が7万7,696人だったと発表した。割引運賃を適用していた先月は、1日当たりの乗客数が8万2,000人程度だった。…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

シンガポールの料理注文アプリ、首都に進出(20:46)

政府、ジャムウやスパで健康観光地を開発(20:45)

テイクオフ:スマホアプリで配車サー…(11/21)

2州10県市で400万ルピア超 来年の最賃、相次ぎ決定(11/21)

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

新首都、大統領宮殿はセパクに=公共事業相(11/21)

新首都建設に日本が関心=ルフット調整相(11/21)

10月の二輪車販売台数、2%減の約60万台(11/21)

東南アの実質昇給率、20年は3~5%台(11/21)

いすゞ、運行管理システム搭載車が千台超(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン