• 印刷する

テイクオフ:まさに新世代のスーパー…

まさに新世代のスーパーウーマン。妻、母親、経営者と複数の役割をこなしながら、米シリコンバレーと台北を行き来する台湾人の女性CEOを取材した。

普段は有名IT企業に勤める夫、子供2人と米国に暮らす彼女。「わざわざ起業しなくてもいいのに。台北に通うのは大変では?」と思ってしまう。

だが、彼女の答えはこうだ。「家族は大事。でも自分の好きな事業を立ち上げ、仕事に没頭する時間があるからこそ、家族にも優しく接することができる」。米国にいる間は台北との時差を利用して、母親業とCEOの仕事をこなすという。いつ寝ているのかと心配になるが、「好きなドラマを見る時間はあるのよ」と息抜きも上手にしているようす。

彼女のように世界を股に掛ける台湾の若き起業家と新世代ベンチャーの動きは、間もなく紙面でお届けできる予定。是非、その熱量に触れてほしい。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾では5月20日に新…(05/22)

米追加関税、5800億元に影響 IT製品生産額、華為も追い打ち(05/22)

中華電信独立董事候補、AI研究の杜奕瑾氏選出(05/22)

4月のスマホ販売台数、前月比4.2%増(05/22)

台湾の旅行会社未払い、地元業者が支援要請(05/22)

中古車買い替え補助要求、車両委員会(05/22)

医療機器の台生材、6月にグレタイ上場(05/22)

嘉泥、中台で子会社売却など資産活性化(05/22)

公平会のセメント5社処分、業界団体が反発(05/22)

4月の訪日台湾人客数、2カ月ぶりマイナス成長(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン