• 印刷する

テイクオフ:中国で初めて口にしたの…

中国で初めて口にしたのが二十数年前。その独自の見た目から「全部飲んで大丈夫か」と対応に困ったのを覚えている。

沈んでいる黒い丸は何なのか、でも意外といけるし腹にたまるぞ、と注文しては話のネタにしたのも今は昔。中華圏や東南アジアを席巻したタピオカミルクティーは、気付けば日本でもすっかり定着した。町を行けばそこかしこに若者が列を作る専門店があり、中には中華圏から進出してきた店も多い。太いストローでタピオカをすする女性とすれ違うたび、アジアは狭くなりにけり、の一言が頭をよぎる。

なお炭水化物や糖分の多さから、下手に頼むとカロリーがとんでもない数値になることは意外と知られていない。かつて飲み過ぎて体型が急変した経験を踏まえ、別な意味で「全部飲んで大丈夫か」をすれ違いざま心の中でつぶやいているが、きっと誰にも届くことはない。(潮)


関連国・地域: 中国日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海系、カンタツ株買い増しでレンズ強化(14:57)

イースター航空に売却説、日本路線など不振(14:10)

日本M&Aセンター、駐在員事務所を開設(15:25)

ゴジェックと動画・食品で提携 クールジャパン、5千万ドル出資(10/18)

東芝、台湾で電気機関車受注 400億円、台鉄初の日本製採用(10/18)

外国人の物件購入、依然堅調 タイ不動産市場の最新展望(下)(10/18)

テイクオフ:日本では10月からの消…(10/18)

日本ブランドの家電、印で生産 地場が山水とナカミチを発売(10/18)

【アジア三面記事】石のたたり(10/18)

ホンダ、タイ製「CB300R」を今月発売(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン