• 印刷する

タタ自、小型ディーゼル車の販売終了へ

インドの自動車大手タタ・モーターズは、小型車両を対象にディーゼルエンジン車の販売を終了する方針だ。新たな排ガス規制の導入に伴い、対象車両の生産コストが増加するため。具体的な時期は明らかにしていない。乗用車部門のトップを務めるマヤンク・パリーク氏の話としてPTI通信が5日伝えた。

タタの小型車部門では、ハッチバックの「ティアゴ」と「ボルト」、セダンの「ティゴール」と「ゼスト」でディーゼルモデルを展開している。パリーク氏は「小型車の需要はガソリンエンジン車が8割を占めており、コストのかさむディーゼルエンジン車に投資し続けるのは現実的でない」と話し、ディーゼルモデルの販売を終了する考えを示した。

インドでは2020年4月に新たな排ガス規制「バーラト・ステージ(BS)6」が導入される。対応車両の生産に当たっては、ディーゼルモデルはコストが大きく上昇する。最大手マルチ・スズキは先月、ディーゼルエンジン車の生産と販売を20年4月以降は継続しない方針を発表した。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所の八百屋がある日、…(06/20)

タイ企業の対インド投資拡大 過去3年で4倍に、巨大市場狙う(06/20)

粉粒体機器アイシン産業、合弁設立へ(06/20)

混合燃料対応車の導入計画、自工会が提案(06/20)

バジャジ、マハ州公社との合弁を子会社化(06/20)

自部品プリコル、スペイン子会社などを売却(06/20)

カーデコ、オンライン保険販売市場に参入(06/20)

米PE企業、260億ルピーで西部のビル取得(06/20)

損保2社、販路拡大で銀行と提携(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン