• 印刷する

中銀、仮想通貨の利用や取引に警告

ミャンマー中央銀行は3日付国営紙で、ビットコインを含む仮想通貨の利用や取引は消費者に損害を与える恐れがあるとの警告を掲載した。

中銀は警告で「中銀が国内通貨の唯一の発行者および管理者である」と明言。「中銀は仮想通貨の利用、金融機関による仮想通貨の取引を認めていない」と述べ、「そのため仮想通貨の利用や取引は消費者に損害を与える恐れがある」と警告した。

電子メディアのイラワジが同日伝えた内容によると、民間最大手カンボーザ(KBZ)銀行の上級顧問タン・ルウィン氏(元中銀副総裁)も仮想通貨の流通に否定的だ。同顧問は仮想通貨への投資を避ける理由として、◇仮想通貨市場が不安定◇問題が発生した際に法的措置を取ることが難しい◇消費者保護が不十分――の3点を挙げた。

ミャンマーでは仮想通貨に関する規制・法的枠組みが整っていないが、一部の民間事業者が消費者に対して仮想通貨への投資を促しているほか、中国企業が市場参入に意欲を示している。昨年には、仮想通貨関連の詐欺事件が相次いで発生し、内務省が注意を呼び掛けていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

新たに2人感染確認、累計359人に=7日朝(08/07)

チャット高が再び進行 対ドル1350台に、輸出に悪影響も(08/07)

非公開所得の税率引き上げ反対、議会が対案(08/07)

第2波到来への懸念高まる、規制緩和で(08/07)

新たに1人感染確認、累計357人に=6日朝(08/07)

フィリピンが破棄、コメ15万トンの輸入合意(08/07)

ヤンゴンバス電子決済、新たに600台で導入(08/07)

軍系野党党首、ネピドーで下院選に立候補(08/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン