韓国平沢港の物動量、対越好調で11%増

韓国の平沢港のコンテナ物動量が、ベトナムをはじめとした対東南アジアの好調を受け増加している。2日付ニューシスが伝えた。 平沢港湾公社は、2019年第1四半期(1~3月)のコンテナ物動量が前年同期比11.4%増の15万7,165TEU(TEU=20フィートコンテナ換算)に達し、第…

関連国・地域: 中国韓国タイベトナム
関連業種: 運輸


その他記事

すべての文頭を開く

大垣共立、脱・銀行で収益強化 ベトナム展開する地銀の今(上)(12/09)

ユニクロ越1号店オープン、1000人が行列(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

有望投資先、越が6年連続1位=日本公庫(12/09)

ホンダ、新スクーターSH150iを11日発売(12/09)

ドンタップ省の高速道路、運輸省が建設提案(12/09)

ウタパオ空港、第2ターミナルが正式開業(12/09)

ベトジェット、1月に国際線4路線就航へ(12/09)

HCMの高級オフィス賃料、5年で33%上昇(12/09)

仁宝が越で生産拡大、子会社に11億元増資(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン