首都知事、空閑地の土地建物税を引き上げ

インドネシアの首都ジャカルタ特別州のアニス知事はこのほど、指定した道路沿いにある空閑地や放棄地に課す土地建物税(PBB)を2倍に引き上げる一方で、公共の緑地空間(RTH)に対する課税を最大50%引き下げると発表した。12日付で交付した知事令『2019年第42号』で規定し…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不動産インティランド、MRT沿線で7事業(21:09)

エアアジア、整備委託先をGMFから変更(21:09)

デポック市、宗教都市条例の制定目指す(21:10)

テイクオフ:日本のコンビニが24時…(05/22)

現職ジョコ大統領が再選 選管発表、対抗馬に11ポイント差(05/22)

EV協会、ASEANでEV基準統一に意欲(05/22)

闘争民主党が第1党維持、国会議員選挙(05/22)

プラボウォ陣営、憲法裁判所に提訴へ(05/22)

東南アの訪日者、単月で過去最高の41万人(05/22)

選挙結果でデモ、休業とする学校や企業も(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン