首都知事、空閑地の土地建物税を引き上げ

インドネシアの首都ジャカルタ特別州のアニス知事はこのほど、指定した道路沿いにある空閑地や放棄地に課す土地建物税(PBB)を2倍に引き上げる一方で、公共の緑地空間(RTH)に対する課税を最大50%引き下げると発表した。12日付で交付した知事令『2019年第42号』で規定し…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

中小スタートアップ、人材引き留めに苦慮(14:55)

スマラン産の蒸留酒、アジアに販路拡大狙う(13:22)

テイクオフ:アパートのジムによく行…(10/15)

首都、63キロに自転車レーン 11月に正式導入、違反車に罰金も(10/15)

イナルム、ヴァーレ株20%取得で予備契約(10/15)

国営電力、年内に22カ所の公衆充電スタンド(10/15)

ガルーダ、名古屋便の一部運休3月まで継続(10/15)

ブカシと首都北部を結ぶ高速道、来年開通(10/15)

首都圏LRTの運賃1.2万ルピアに=運輸相(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン