テスラが赤字790億円、納車遅れやリストラ費用

【ワシントン共同】米電気自動車メーカーのテスラが24日発表した2019年1~3月期決算は、純損益が7億213万ドル(約790億円)の赤字(前年同期は7億955万ドルの赤字)だった。赤字は18年4~6月期以来、3四半期ぶり。 1月以降に中国や欧州への輸出を始めた主力セダン「モデル…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車電機IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

中国への輸出依存度が大幅減 18年度は30%、日米などに多様化(12/06)

テイクオフ:「注文した丼はまだか」…(12/06)

ホンダ二輪が模倣品対策 主体は部品、昨年度は5万個押収(12/06)

トヨタ販社が新アプリを発表 デジタル化拡大、非所有者も利用(12/06)

ユニクロがベトナムに1号店 市場の潜在性評価、独自商品も(12/06)

ブルーキャピタル、サバ州と土地の賃貸契約(12/06)

東光電気が現法、電力消費増に伴い商機拡大(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

第一生命、経営者保険販売でりそな銀と提携(12/06)

イオン、ハノイ2号店がグランドオープン(12/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン